りん age:23 職業:歌手 現役芸能人のセックス実話 顔射で美しい顔をどろどろに

責められまくって顔中ドロドロに ドM現役芸能人りんちゃん

本当の現役芸能人のりんちゃんからの応募でした。まだまだ有名ではないので私は全く知らなかったのですが、CDも出している歌手の子です。

身長も170cmくらいありスタイル抜群の美人さんでした。とにかく極秘で体験できるならということで応募してきたようです。

有名になってしまってからでは絶対に体験できないので今のうちにということのようです。

今までは普通のセックスばかり(むしろ丁寧にされる)で実はMッ気があるのに誰にも言ったことがなく、本当は性欲処理の道具のように扱われて、思い切り汚して欲しいという願望でした。

撮影も目隠しや顔を隠した状態でするのはOKということで撮ってはいるのですが、万が一バレてしまうとりんの今後を台無しにしてしまうので今回は画像の投稿はなしにします。(アイキャッチ画像もイメージ画像でりんではありません)

 

待ち合わせ場所で待っていると帽子をかぶりメガネをかけたスタイル抜群の子が現れて、

 

りん「りんです。はじめまして。聡さんですよね?」

聡「うん」

りん「よろしくお願いします。」

 

下手に街を歩くとよくないのでそのまま即ラブホへ

ラブホにつくと扉を入って即後ろからおっぱいを鷲掴みに

 

りん「あん・・・」

聡「今すぐ全裸になりな」

りん「もう・・・・」

聡「りんの体で自由に使われたいんでしょ?」

りん「はい・・・・」

 

そのままスカートを脱がし、上着も脱がして下着に、

 

りん「ああ・・・・恥ずかしい・・・・」

聡「全部脱いでみなよ」

りん「うん・・・・・」

 

部屋に入って5分も経たないうちに全裸に、

 

聡「恥ずかしいけど興奮するんでしょ?」

りん「はい・・・」

聡「りんの体を使ってくださいってお願いしてみな」

りん「りんの体を好き勝手自由に使ってください」

聡「いい子だ~」

 

おっぱいを鷲掴みにしながら反対の手でまん〇に指をいれると既にぐちょぐちょ、

 

聡「もうこんなに汁出してエロいな」

りん「・・・・だって・・・・」

 

そのまま指で中やク〇を弄り続けると

 

りん「あんあん、あんあん、あああ」

聡「エロいまん〇だね~」

りん「・・・・・うん・・・・・」

聡「もっとじっくり責めてあげるからまずはお風呂に入ろうか」

りん「はい」

 

一緒に湯船につかりながら体をたっぷり堪能させてもらいながら、どんな歌を歌ってるとかどこでライブをやってるとか今までのセックス体験の話をしながらリラックス。

 

聡「先に出るからタオルだけ巻いて出てきて」

りん「はい」

 

お風呂から出てきたりんをまずは目隠しをして、椅子に足を開いて座らせて、手と足を縛って拘束。

 

聡「いやらしい体が丸見えだよ~」

りん「あーーー、恥ずかしい・・・・」

聡「まん〇の奥まで丸見えだよ」

りん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

その状態で耳・首筋・脇・脇腹と順番に優しく舐めていくと、

 

りん「あん・・・あん・・・・あん・・・・」

 

さらに腕や内もももじっくり舐めていくと、

 

りん「あん・・・・あん・・・・・はぁ・・・・」

 

そのままおっぱいを乳首に向かって円を描くように丁寧に舐めていき、乳首に吸い付いて軽く噛んであげると

 

りん「あああああ、はん、あん、ああああ、はん」

 

噛みながらク〇を指でグリグリしてあげると、

 

りん「あああああ、あんあん、あん、気持いぃ・・・・」

 

そのままあそこのまわりをじっくり舐めて、ク〇や中ををたっぷり舐めると

 

りん「あん、あん、あん、あん、ああああん」

聡「汁がすごいよ~」

りん「気持いい・・・・あああ」

 

それでも丁寧にじっくりクンニを続けると、

 

りん「はぁはぁ、こんなに舐められたのはさすがに初めて・・・・」

りん「気持いい」

 

1時間は丁寧に舐め続けてあげると

 

りん「ああああああ、気持ちよすぎる・・・・・」

りん「あああああああああ」

聡「そろそろりんのこと汚していいかな?」

りん「うん・・・・・好きにして・・・・」

 

手と足は縛ったままベットに寝かせて、顔に跨ってちん〇を顔に擦り付けて、まずはガマン汁を顔に塗りたくって、

 

聡「しゃぶってみな」

りん「はい・・・・」

 

目隠しをはずして顔の前にちん〇を持っていくと舌を出してむしゃぶりつく、

 

聡「淫乱などMちゃんだね」

りん「うん・・・・・」

 

ちん〇で顔をペンペンしてあげると

 

りん「あん・・・ああああ・・・もっとお願いします」

 

ペンペンペンペン顔をしてあげると

 

りん「もっと汚して・・・・」

聡「顔中どろどろにされたいの?」

りん「お願いします・・・・」

聡「まん〇使って気持ちよくなってからね」

りん「はい・・・私の体で気持ちよくなってください」

 

ゴムをつけて、縛ったまま挿入すると

 

りん「あああああああああああああ」

聡「りんの体は最高だな~」

りん「ああああ、あんあん、はぃ」

 

そのままおっぱいを鷲掴みにしてパンパンパンパン突き続けると、

 

りん「だめぇーーーーーーーーあああああああああああああああああ」

りん「あああああああああああああ」

聡「りんのお顔を汚してくださいって言ってみな」

りん「ああああああああああああああああああああああ」

聡「早く」

りん「りんの・・・・・・・顔を・・・・・・ああああああ・・・・汚して・・・・・ください・・・・」

 

そのまま激しく突き続けて

 

りん「だめーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

聡「口あけて、出すよ」

りん「あああああああ」

 

ゴムをはずしてそのままりんの顔にドッピュー

 

聡「大量に出たよ」

りん「はぁはぁはぁはぁはぁ」

 

少しして鏡でドロドロの顔を見せてあげると

 

りん「あーーー、すごい・・・・」

聡「嬉しいの?」

りん「うん・・・・・変かな?」

聡「ううん・・・じゃあご褒美に」

 

顔中に精子を塗りたくって手について精子を舐めさせてあげると指にしゃぶりついて、

 

りん「あんあん・・・・」

聡「汚された感想はどう?」

りん「最高です・・・・」

聡「口でちん〇きれいにしてくれる?」

りん「はい」

 

縄を解いて普通にしてあげると顔中ドロドロのまままたしゃぶりついてお掃除フェラ

あまりに思い切りしゃぶりついてくるのでまただんだんちん〇が元気になってきてしまったので、

 

聡「もう一回入れさせてよ」

りん「はい・・・・」

 

ドロドロの再度挿入してりんは完全に絶頂に

 

りん「ああああああああああああああ、すごいーーーーー」

聡「どろどろのままイカされてるなんてどMだね」

りん「あああああああああ」

 

そのままりんは絶叫し続けてアクメへ、

 

聡「もう一回掛けるよ」

りん「いっぱいください・・・・あああああ」

 

ともう一回掛けて、ぶっかけ写真を記念に撮影して終了に。

超絶美人がものすごい状態に・・・それを見るだけでも再度興奮してしまうくらいでした。

 

またお風呂に一緒に入りながら、

 

聡「どうだった???」

りん「すごかった・・・・・私変態だよね?」

聡「いろいろな性癖があるからいいんじゃない?」

りん「でも普通じゃこんな経験できないからよかった。」

聡「満足できたら俺もよかったよ」

りん「私が売れても絶対秘密でお願いね」

聡「そこは絶対大丈夫だよ」

りん「売れなかったらまたお願いしちゃうかも・・・」

聡「売れることを祈ってるけど売れなかったらいつでもどうぞ」

りん「ありがとう。応募してよかったよ。」

 

とこんな会話をして別々に駅に向かって終了に。

実際に体験に応募いただいた方のリアルな感想も記事にしています。
葛藤の中で体験に応募してくださった女性が体験後にどのような気持ちになったかについても是非参照してみてください。
⇒絶頂アクメ/オーガズム体験をした女性のリアルな感想

女性のためのセックス情報集

さらなるセックス情報や女性のセックス実話を見てみたいという方は以下をクリックしてください。     
女性のためのセックス情報集へ

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ