りえ age:33 職業:キャビンアテンダント(スッチー)泥酔でセックス 連続イキの後精子ごっくん

同級生キャビンアテンダント りえが泥酔セックスで連続イキ 大量精子を残さずごっくん

第2弾は某国内の航空会社の現役キャビンアテンダント(スチュワーデス) りえとのお話です。

 

小・中学校の同級生りえとは某SNSで再会し、何度かメッセージを交換するようになりました。

なんとりえは、某国内の航空会社のスッチーになっているとのこと!!!! とにかくびっくりでした。

確かに昔から背が高くきれい系だったのですが、日本で最も有名な航空会社のスッチーさんと仲良くなることがあるなんてその時は奇跡だと思っていました。

その後も何度かメッセージを交換し、飲むのが相当好きとのことなので地元で飲もうということになりました。

 

再会の日、待ち合わせ時間よりかなり早くついてしまい、緊張しながら待っていると、

りえ「久しぶり、ぜんぜん変わってないね」
聡「理恵も変わってないけどかなりきれいになったね」

きれいになったというより、色気がめちゃくちゃありました。
服を着ててもわかるくらい巨乳さんでしたし。

その後個室の焼き鳥屋に行き、昔話やお互いの仕事の話で盛り上がり、ビール、焼酎、日本酒とかなりハイペースで飲みまくりました。

気分は最高で、酔うとエロくなる私は個室で軽くボディタッチもしちゃっいましたが、拒否される感じもなくさらに飲み続けました。

その後店を出たのですが、二人ともまっすぐ歩けないほど泥酔でした。

しかし、楽しかったし二人共気分もかなりよくなっていたのでもう一軒行くことに。 普通の居酒屋でしたが、ビールを2杯程度飲んでもうふらふら。意識も朦朧。

店を出てからのことは記憶が定かではないんだけど、路上で少し強引にキス。。。

軽く振り払われたけど、二人とも歩くことすらままならず、なんとかホテルを探すも見つからず、しょうがなくビジネスホテルへチェックイン。

 

ホテルの廊下で転倒するは財布は落とすはでもう限界。 部屋に入り、りえはベットにバタン!

薄れ行く記憶の中とりあえずキス。 なんとかして脱がしちゃえばこっちのものと、とりあえずりえを全裸に。。。

全く抵抗する様子もなくあっさり全裸に。Eカップはあるであろう巨乳でしかも美乳。

 

その後キスをすると目を閉じながらもりえは舌を絡ませてきて、はぁはぁいっている状態。

美巨乳を鷲づかみにして激しくめちゃくちゃに揉み、今度は乳首にしゃぶりつきながらあそこに指をねじ込むと、

もうありえなくにくちゃくちゃ音がしてびちゃびちゃでした。

りえは激しく「あんあん、はぁはぁ」といいながらも目は閉じたまま。

相当酔いが回っているよう。

足を大きく開きあそこを見てみるとお汁があふれて垂れてきていました。

ここぞとばかりにあそこにしゃぶりつき、ぺろぺろちゅぱちゅぱ。

しかし!!!!!

なんと頭を振りながらしゃぶりつくように舐めていたせいか酔いが完全に回ってしまい、私もそこからしばらく記憶が飛んでしまいました。。。。

こんなおいしい状況でもったいない。。。。

 

次に目が覚めたのは明け方。 ベットが二つあったんだけど二人とも全裸で寝ていました。

りえはすぅーすぅーいいながらまだ完全に寝ている状態。

ここで寝てしまってはと私は何とか起き上がり、りえの股に。

ク〇を口の中に吸い込んで舌で転がし濡れてきたら指で中をぐるぐるかき回し。 すると、理恵が目を覚ましたようで、

 

りえ「ねぇ、なにしてるの?でもすごく気持ちいいかも・・・」
聡「理恵のお〇んこおいしいよ」
りえ「恥ずかしい・・・・」
聡「じゃあやめた方がいいの?」
りえ「ううん・・・」
聡「どうしてほしいの?」
りえ「えっ?」
聡「言わないとやめちゃうよ。いいの?」
ここでまだ酔いもさめていなくりえもスイッチが入ったようで、

りえ「私のお○んこいっぱい見て、いっぱい舐めて、いっぱいいじめて・・・」

興奮した私は、大股開きにして、舐めてるところ見せながらぺろぺろちゅぱちゅぱ、
聡「どう?」
りえ「もっともっとお○んこ見て、いじめて、お願い・・・」
その言葉に興奮して我慢できなくなった私は正常位で即挿入。。。。

 

相当興奮していたし我慢していたのでいきそうでいきそうで。。。

すぐにいくわけにもいかないので、適当に突き上げた後、再度ク○ニ。
それはそれはぐちょぐちょでお汁があふれ出てました。
少しあちらも復活したので四つん這いにしてバックで奥まで激しく突き上げていると、
りえ「もうおかしくなりそう・・・」
聡「まだまだだよ。おかしくしてほしいんでしょ?」
りえ「おかしくして~~もっとお願い!ああああぁぁぁ」

ばんばんばんばん、音が出るほどにとにかく奥まで激しく突きまくり。
胸を鷲づかみにして腰を浮かせながらさらにばんばん突き上げると
りえ「あーーーーーーん、はぁはぁ、だめ~~すごい。。。」
聡「まだまだだよ」

突き続けたらりえは完全に脱力してしまい、うつぶせになってぐったり。。。
そのまま寝てしまったのか起き上がってこないの、経験はなかったけど、うつ伏せの上にかぶさって強引に上から挿入。
これが意外と入るし気持ちいい。
そのまま少し突いたのだけど、そろそろいきたくなり理恵を起こしてちょっと強引に騎乗位に。

いままで経験したことないような腰使い^^
子宮まで突き当たるように勢いをつけて奥へ奥へ。
あまりの激しさにすぐにいきそうになり。

聡「もうだめいきそう、もう少し激しく動いていかせてよ」
りえ「・・・・」
ものすごい腰の動いで
りえ「あんあぁん、だめ・・・・」

りえはイったようで、そのまま何も言わずにしゃぶりついて、バキュームフェラ
舌使いもものすごい

聡「気持ちいい!!!口にいっぱい出していい?」
りえ「うん・・・ちゅぱちゅぱ」
すごい舌使いに5分位したら
聡「いくよ。。。」
りえ「いっぱい出して」
聡「ごっくんしてくれるの?」
りえ「・・・・」
聡「だめだ~いくよーーーー」

発射ーーーー
発射してもそのままちゅぱちゅぱ離さない・・・
気持ちよすぎ!!!!
りえ「きれいにしてあげるね」

全部きれいにごっくんしてぺろぺろお掃除してそれも全部ごっくん
りえ「いっぱいでたね~おいしいよ。。。」

と、そのままいちゃいちゃしながらまたまたお休みzzz
目が覚めたらもうチェックアウト1時間前。
しかし完全な二日酔いでまだ気持ち悪く1時間延長。

ゆっくり起きて一緒にシャワー浴びて、シャワー浴びながらもう一発お口でしてもらい、その日はバイバイ。

りえとのいろんな出来事のきっかけとなりました。その後も飲みのお誘いでリピート要求がありました。(お互いに要求って感じ)

実際に体験に応募いただいた方のリアルな感想も記事にしています。
葛藤の中で体験に応募してくださった女性が体験後にどのような気持ちになったかについても是非参照してみてください。
⇒絶頂アクメ/オーガズム体験をした女性のリアルな感想

女性のためのセックス情報集

さらなるセックス情報や女性のセックス実話を見てみたいという方は以下をクリックしてください。     
女性のためのセックス情報集へ

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ