本当にあったえっちな体験談 職場の同僚編 29歳りかちゃん

本当にあったえっちな体験談 職場の後輩編 29歳りかちゃん

今回は体験応募があった方との体験談ではありません。

体験待ちの方も複数いらっしゃるのですが、私がスポーツを競技でやっていて、もう少しでシーズンが開幕するので忙しくてなかなか体験の日程調整ができず、応募いただいた方の体験ができていない状況です。

(来月はわりと時間があるので応募ももう1名くらいまではお受けできますので検討している方は遠慮なく連絡ください)

結構前の話なのですが、職場の後輩とのお話です。

普通に同じ職場で働いていた後輩のりかちゃんで何人かで仲良くしていました。
ただ、りかちゃんは彼氏がいるのも知っていたし、みんな男と女というような関係になる雰囲気ではなく、職場の同僚として仲良くしていた感じでした。

その何人かのグループでルールというか決め事で各人の飲み会の際には交換で送り迎えをしてあげようというのがありました。
(当時は車社会のエリアに住んでいて、飲んで帰る手段がタクシーしかなかったので同じ飲み会に参加していなくて空いているときは連絡があったら送ってあげようとみんなで決めていました)

とある金曜日にりかちゃんが飲み会があるということで、たまたまその日は何もなく、翌日もゆっくりめに実家に帰る予定があっただけだったので、私が行くことになりました。

で、その日の夜22時くらいに連絡がきて迎えに行って車に乗せて送っていたところ、「彼氏と結婚の話がでているのだけどいろいろ揉めていてマリッジブルーなんだ」という話になり、「まだ22時だしもう少し飲みたい」と言い出し、車できちゃったからなにか買っていって家飲みならいいけどとなり、途中でワインやらビールやらを買って、私の部屋に行くことになりました。

その時も全くそういう気にはなく、後輩の愚痴を少し聞いて朝まで飲みに付き合うか~くらいに思っていました。

そんなこんなで部屋飲みを始めたのですが、りかちゃんもかなりのペースで飲むので私も付き合って結構ハイペースで飲んでいました。

気がついたらビール5本くらいとワインのビン3本くらいを二人で飲んでおり、お互いかなり泥酔状態に・・・

そこで私は記憶が飛んでしまい、、、、

気がついたら朝に・・・・

目が覚めたら、隣に全裸のりかちゃんがいて、ベットの下には使用済みのコンドームを発見。

りかちゃんに、「しちゃった?」と聞くと、「全然記憶がない・・・」と

「でもゴム使ってるみたいだから・・・」と

お互い全裸で目が覚めてびっくり!
でもおっぱいを少しだけ触ってしまったら予想より大きくそれもびっくり、、、

聡「りかちゃんこんなにおっぱい大きいんだ」

りかちゃん「会社ではわからないような服着てるんだ」

聡「せっかくだから少し触っていい?」

りかちゃんが耳元で「今日だけ特別。好きなようにしていいよ」と。

二日酔いで頭はガンガンしていたのだけど、そのままキスをして、おっぱいとあそこをしゃぶりつくように舐めて、そのまま正常位、騎乗位で挿入して。

でもお互いお酒が回ってしまい、そんなに激しくはできず私はイク前に休憩。

そしたらりかちゃんが布団の中に入ってきてフェラを、

りかちゃん「気持ちいい?飲み付き合ってもらったお礼だからいつでもだしていいよ」

そのまましゃぶり続けてくれて、

聡「本当に出ちゃうよ・・・」

りかちゃん「うん」

そのままお口に発射!

するとりかちゃんは、全部ゴックン。。。

りかちゃん「飲んじゃった・・・」

聡「ありがとう」

りかちゃん「今日だけだよ・・・彼氏のも飲んだことないのに」

そのまま少し二人で昼くらいまで寝て、着替えて私も実家に帰る用意をしてりかちゃんを送って行きました。
が、二回酔いで頭が痛くて運転が危ないと思いりかちゃんの家で休憩・・・・

そこでなぜかもう一回セックスをしてしまい、、、
二回酔いが覚めるまで休んで実家へ

翌週からは普通に仕事で顔を合わせるけど、お互いなんにもなかったようにして半年後にりかちゃんは結婚して退職していきました^^

本当にその日だけの関係でその後は普通に職場みんなで仲のいい関係を続けていました。

普段とのギャップがすごーーくエロくて今でのよく覚えています。
普段と違う自分を一日だけ出してっていうのも刺激的な体験でした。

実際に体験に応募いただいた方のリアルな感想も記事にしています。

葛藤の中で体験に応募してくださった女性が体験後にどのような気持ちになったかについても是非参照してみてください。
⇒絶頂アクメ/オーガズム体験をした女性のリアルな感想

女性のためのセックス情報集

さらなるセックス情報や女性のセックス実話を見てみたいという方は以下をクリックしてください。     
女性のためのセックス情報集へ

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ