ソフトSM体験を希望する方の特徴とは?4つの共通点

Mッ気がある女性は多いけどソフトSMまで体験している方は少ない

このサイトで体験応募をいただく方の半数以上は、縛られてみたいですとか責められてみたいですというようなソフトSM的なプレイを希望する方です。

中には調教みたいなプレイをしてみたいとかめちゃくちゃに汚されてみたいといった願望を持っている方もいます。

女性の6割くらいの方は潜在的にMッ気があるのだと思います。そのうち半分位の方は本当はソフトなSMを体験したいというような願望があるようです。

結構な割り合いの方がソフトSMの体験願望があるのですが、実際にそれを体験できている女性はほんのわずかです。

理由は簡単ですが、彼氏や旦那さまといったパートナーにSMをしたいと言い出すことができないからです。

基本的にはSMっぽいプレイをするのは男性主導になるためお相手がSっ気があり、そのようなプレイをしたいと言い出さない限りなかなか体験できないのが実情なようです。

さらにSMのパートナーを探すとなるとどこまでのことをやらされてしまうのかといった不安もあり、SMのパートナーを探してまでといった感じで踏み切ることもできないといった感じのようです。

このサイトにソフトSMの体験応募をしてくる方の共通点は?

上記のようにソフトSMを体験したい女性は非常に多いですが、実際に体験に踏み切れていない方がほとんどです。

そんな中このサイトへの体験応募をくださる方はソフトSM的なことを体験したいという方が非常に多い状況です。

その共通点は以下の4点です。

①まずは本当にソフトなSMだけを軽く体験してみたい

SMサイトなどを見ると本格的なSMが載っているものがほとんどでそこまでハードなのはまだ不安もあるので、まずは軽く目隠しされるとか後ろに手を縛られるとか言葉責めをされるなどライトなSMを体験してみたいという方の応募が多いです。

軽くまずは1回だけという約束で導入だけ体験してみたいと思っている方が多いというのが実情のようです。

②秘密厳守に安全・安心に体験してみたい

ソフトとはいえSMに興味があるということを他の人には知られたくと思っている方が多いです。秘密を厳守して、安心・安全なが確保出来る状態で体験したいと考えている方が多く応募してくださっているようです。

永久に他の人に話すことはありませんし、個人が特定されることは絶対にないようにしております。また1回きりで十分と思った方にたいしてその後しつこくお誘いしたりということも一切ないので安心してください。

③自分の願望を事前に聞いてもらってから体験をしてみたい

SMを体験する場合は、基本的にはSの方がやりたいことをやりたいようにやるというイメージがあります。

実際になんでもいうことを聞くのが当たり前と考えるSの方も多くいらっしゃいます。

相手のやりたいプレイをとなると少し不安なのでどんなことをするのか事前にある程度話をして、自分の願望を伝えた上で体験してみたいという方も多いです。

④お互い思いやりをもってプレイを楽しみたい

SMをはき違えると相手をものや道具のように扱う方がいますが、あくまでプレイとしてのSMであって、人と人との関係でお互い思いやりをもってプレイを楽しむことが重要だと考えています。

私はSッ気がありますが、相手を願望を満たすために責めるのが好きなSだと思っているので、基本は両方が満足できるようなソフトSMをできるようにしています。

ソフトSMの最初の体験で最も重要なのは楽しみながら体験できることだと思っているので、お互い思いやりをもって且つ楽しく初歩のSMっぽいセックスを体験したいという方の応募も多い傾向にあります。

ソフトSMを始めた体験した方の体験談とリアルな感想

実際にMッ気があって、このサイトで初めてソフトSMを体験したという方も結構いらっしゃいます。

以下の体験談がそ初ソフトSMの体験談なので参考にしてみてください。
経験人数1人 調教希望の保育士 まみ 目隠し拘束で絶叫

目隠し拘束で強制フェラ(イマラチオ) 電マで連続絶頂 どMのかおりちゃん

白衣で亀甲縛り 電マで初めての連続イキ どMナースまきちゃん

パイパンにしてから電マ責めで絶頂アクメに達したSM願望短大生ゆまちゃん

拘束されて電マ&クンニ責めで連続イキを体験した高校数学教師さゆりちゃん

実際にソフトSM体験をした方の感想は以下になります。是非とも参考にしてみてください。
体験応募して実際に経験した女性の感想

ご興味ある方は遠慮なくご応募またはご相談ください。
⇒問い合わせはこちら

女性のためのセックス情報集

さらなるセックス情報や女性のセックス実話を見てみたいという方は以下をクリックしてください。     
女性のためのセックス情報集へ

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ