セックスフレンドの哲学「快楽の果てに・・・」

たまたま目にした雑誌で興味深い記事を見つけたので考察も含めて一部紹介したいと思います。

セックスフレンドの哲学「快楽の果ての謙虚さと誠実さ」という内容です。

このサイトで体験していただく方はセックスフレンドとは若干異なりますが、快楽の果ての謙虚さと誠実さという点は共感できる点がかなりありました。

詳しくは次回更新していこうと思いますが、このサイトで体験してくださった方とその雑誌に記載されている共通点として、

「セックスフレンドとの(このサイトを通じた)セックスは、恋愛ではないかが単なる性行為以上のものである」

というのを実感しているという点です。

セックスフレンドというとただやるだけでさっとセックスをして終わりというようなイメージをする方もいると思いますが、哲学的にはセックスフレンドというのはそれ以上の関係のようです。

一夜限りの関係と大恋愛の間にある関係がセックスフレンドという位置付けで社会的には好まれるものではありません。

特に日本ではセックスフレンドの話をしていたらほとんどの場合軽蔑されてしまうと思います。特に女性はその傾向が強いですよね。

でも実際はセックスフレンド関係というのは実に奥が深いんです。

人間としても本性を出せる関係であり、傷つきやすさや過ちの定義を考えさせられる関係になるのです。

意外に感じるかもしれませんが、お互い素の人間らしさをだし、謙虚な関係でいられるのです。

恋愛とエロチックは別物になりつつある

一昔前は恋愛とセックスはイコールで結ばれているものでした。

しかし、現在の若者は恋愛は恋愛、セックスはセックスという感じで別のものと考える人が増えてきています。

恋愛感情はないけど、セックスだけ合う人と関係を築いていくというのが「セックスフレンド」というものになってきているのです。

実際にこのサイトで体験をしている女性も半分以上が彼氏や旦那様がいる方で恋愛とは別物で自分の理想とするセックスをしたいということで応募してくる方がほとんどです。

それらの皆さんが社会不適合の方とか変わった方とかということは全くなく、むしろ社会では自分の立ち位置をしっかり確立していて、コミュニケーションをしっかりとれる方がほとんどです。

セックスフレンド(このサイトでの体験)との関係でコミュニケーション能力が高くなる部分もあるというのは私自身も実感しています。

偽りの自分ではなく、お互いが素の自分で全てを皿か出し合いながらのコミュニケーションは日常にはない新鮮な関係性になるので、間違いなく人生観は広がります。

では、なぜこのセックスフレンドという関係は一昔前にはほとんどなかったのかというとその出会いの場が少なかったからです。

想像はつくと思いますが、インターネットやスマートフォンによる情報交換の発展によって、セックスだけの人間関係を築く機会が圧倒的に増えたというのが最大の要因です。

このサイトもその一つです。

通信技術の発展で恋愛とセックスを分けた関係が増えているということは元々機会があればそれが理想的と感じる人が一定数がいたということになるのだと思います。

セックスフレンドから得られるもの

セックスフレンドのとの関係は現在社会においては、束の間の魔法に掛かっている時間なのかもしれません。

魔法のようなひと時ではありますが、信頼も生じてきます。

むしろセックスに対しては最も誠実な関係になるのだと思います。演技や偽りのセックスをする必要がないので最も誠実なセックスができるのです。

今回私が見た雑誌に書いてあったいくつかのフレーズでその通りだなと思うものが何店かあったので、それを最後に記載してみたいと思います。

「セックスフレンドとのセックスは、恋愛ではないにしても、つねに単なる性行為以上のものであると、体験者は認めている」

「カップルはたいていの場合ルールがあります。昔の恋人のことを言わないとか、他の誰かに惹かれていることを言わないとか・・・。でもセックスフレンドの場合はありのままの姿を見せても大丈夫なのです」

皆さんはこの記事どう感じましたか???