出会い系、SNS、ナンパなどの相手とセックスをして陥る4つのパターン

出会い系、SNS、ナンパでセックス相手を見つけても実は満足度は低い?

彼氏や旦那さんとのセックスでは望みのセックスができず、恥ずかしさや引かれるのではないかという不安もあり願望すら伝えられないという女性が多いと思います。

合コンで知り合った相手や何らかの知り合いであってもその後に他の人に話されてしまう不安もありなかなか素の自分で願望を言うということができないでいる人も多いと思います。

そんな時自分の理想のセックスをする相手を見つける手段として思いつくが、出会い系、SNS、ナンパなどになると思いますが、実際にそれらで相手を見つけた女性は満足できているのでしょうか?

答えは大半の方が満足はできていないのです。

満足できている人は以下の2パターンのみです。

1.とにかく誰でもいいからセックスをしたい人
→こんな女性はごく少数派ですよね。

2.イケメン(外見が好み)の人とできればいい人
→このパターンはまあまあいると思います。ナンパはもちろん外見を確認できまし、出会い系やSNSは写真の交換が可能なので外見のチェックは可能です。よって、とにかく外見さえよければ内容はどうでもOKという方は、出会い系やSNSやナンパなどでお相手を捜すというのもありかもしれません。相手のセックスに全て合わせることになってしまうことが多いのでその点は注意が必要です。

逆に出会い系やSNSやナンパの相手とセックスをしてちょっと後悔をしてしまった4つのパターンは以下になります。実際はこちらのパターンになる方がかなり多いようです。

1.望んでいたセックスではなく全く感じなかった(イケなかった)
→これが実際は一番多いです。出会い系やSNSやナンパでさすがに事前にどんな性癖があるかやどんなセックスをしたいかを話してから会うというのはほとんどないと思います。その結果実際にセックスをしてみて全く趣味が合わないとか興味がないことをやらされてしまったとかといパターンになってしまい、イクことどころか感じることもできなかったという方が多いようです。

2.避妊してくれなかった(生でされた)
→男のほうがきちんとした相手でないと女性側で避妊するのは難しいです。相手がどんな人かわからないのでゴムを装着せずいきなり生で挿入されて焦ったという方も結構な割合でいるようです。これは最悪の場合女性が傷ついてしまう結果になることもあるので絶対に避けないといけないですね。

3.隠し撮りされていた
→これはレアなケースですがないことはないです。信頼関係がない状態で撮られてしまうと後々困ることになります。これも女性としてはしっかり注意をする必要がありますね。

4.しつこくされてしまった
→これも結構あります。1回すると何回でもさせてくれると勘違いしてしつこく連絡をされ続けて困ったというパターンです。ストーカーとまではいかなくてもしつこくされるのは困ると思います。このあたりも連絡方法によってはリスクがあるので十分注意が必要ですね。

 

出会い系、SNS、ナンパなどで手軽に相手を見つけることが可能ですが、女性は特に実際はあんまり満足できていないという実態があります。このあたりも十分注意して慎重にお相手を捜すようにしてください。

女性のためのセックス情報集

さらなるセックス情報や女性のセックス実話を見てみたいという方は以下をクリックしてください。     
女性のためのセックス情報集へ

このページの先頭へ