女性が感じる意外な部位!性感帯はいっぱいあるよ

女性の性感帯ってあそことおっぱい以外もいっぱいあるんです。

体験を通していろいろな女性の性感帯を確認してきたのでその経験からわかった意外な性感帯についてを紹介したいと思います。

前戯であんまり気持ちよくなれないという方はパートナーの方にこんな部分も愛撫してもらうとよいと思います。

あそこ(クリトリスや中)や胸(乳首)などはほとんどの方が性感帯で誰でも思いつく部位だと思いますが、その他にも優しく丁寧に愛撫をすることで感じちゃう部位が意外とあるんです。

試してみる価値はあるかもしれないので是非参考にしてみてください。

まずは比較的定番の”耳”です。

感じるという方とくすぐったいという方が半分半分くらいじゃないでしょうか。

手マンを優しくしながら耳に優しく息を掛けて軽く舐めてあげるとゾクッとして、それが快感という方は結構います。

前戯の中でも比較的最初の方にすることが多いので一番最初の愛撫としてはおすすめです。

首(うなじ)

続いて”首(うなじ)”です。こちらもまあまあ定番です。

若いカップルだと首にキスマークを付けちゃったりもしちゃうと思いますが、キスマークではなく、優しく舌を這わせて愛撫(舐めて)してあげることで感度が増します。

特に仰向けの女性のうなじを愛撫してからのバックでのプレイはおすすめです。

背中

続いて”背中”です。

背中は面積が広いのですが、丁寧に優しく愛撫すると感じる人は意外と多いです。

喘ぐ人もいるくらいです。

立ったまま胸を後ろから鷲掴みにした状態で背中を上から下に丁寧に愛撫するとものすごい気持ちいいという方も結構いました。

鎖骨(デコルテ)

続いて”鎖骨(デコルテ)”です。

これは乳房と上の方という言い方もできますが、乳首を愛撫する前の前段階として鎖骨周辺を丁寧に愛撫してあげることで乳首にくるまえのドキドキと焦らしで興奮度が増すという方が結構います。

個人的にデコルテフェチということもあり、ここを丁寧に愛撫しちゃうことは結構多いです。

ここからは少し羞恥心を煽る愛撫です。まずは”脇”です。

脱毛はしっかりしている女性がほとんどなのですが、脇は少し恥ずかしさがあるようで、ここは丁寧にというより激しく愛撫する方が羞恥心で興奮しちゃう方がいます。

特にMっ気が強い方は脇は意外と興奮します。

手錠で両手を拘束して、頭の後ろで手をあげさせた状態でされると責められ感もかなりあり、M女は興奮するようです。

股関節

続いては、”股関節”です。

先ほどの鎖骨と同じで、クリやあそこを愛撫するまえの焦らしでドキドキで興奮度が増すといった感じです。

目隠しして股関節から徐々にあそこに向かって愛撫をしていくことでいつくるかわからないドキドキ感もMっ気ある子にはたまらない興奮になるようです。

お尻(アナル)

最後は”お尻(アナル)”です。

四つん這いで丸見えの状態で、お尻から徐々にアナルまで愛撫をしていきます。

一定数(少ないですが)の方はアナルを舐めてほしい願望があるようでお尻やアナルをしっかり愛撫したり指を軽く入れたりということで快感を得られるようです。

まとめ

いかがでしたか?

今まで愛撫されたことがない部位もいっぱいあったんじゃないでしょうか?

意外といろいろな部位が女性の性感帯になるんです。

あとはどうやってそこにたどり着くかそこから他の部位に移るかというのがポイントになります。

パートナーが理解のある人の場合は上記の部位も丁寧に愛撫してほしいというお願いをしてみるのもありだと思います。

なかなか自分からは言えないという方も多いかもしれませんが^^