はな age:23 ベットに拘束して電マ責めで失禁!

2020年になって記事を更新していませんでしたが、毎月1人の方の体験はお受けしておりました。

なかなか体験談をアップ出来ていなかったのですが、徐々にアップしていこうと思います。

今回はそのうちの一人で前回の体験談でもセーラー服コスプレでおもちゃ責めを体験したはるちゃんのリピート体験談です。

今回はベットに拘束して電マ責めやお風呂でローションマットプレイなど楽しみながらいろいろ体験をしてもらいました。

何度かリピートしているので、間に合わせしてからの移動もスムーズで車に乗ってコンビニで飲み物を買って早速ホテルへ。

この日はSMルームのあるホテルに行くことになっていたので、ホテルに向かったのですが、設備の揃った部屋は残念ながら満室。(結構人気があるんです^^;)

まあしょぷがないので他の部屋に入って、

さとし「もう何度も裸見られてるから脱ぐのも余裕でしょ?」

はな「そんなことです。毎回恥ずかしいです・・・」

さとし「こっちを見ながらまた体見せてみな」

はな「はい・・・・・」

こちらを見ながら恥ずかしいそうに全裸に。

さとし「相変わらずきれいな体してるね~」

はな「見ないです・・・・」

あそこを触ってみると既に濡れ濡れで。

さとし「なんでこんなに濡れ濡れなのか言ってみなよ。」

はな「だって・・・・・・」

さとし「またいっぱいしてほしいならお願いしてみな」

はな「またはなのこといっぱいイカせてください。お願いいたします。」

さとし「いい子だ。シャワー浴びてきれいにしてきな」

はな「はい。わかりました。」

シャワー浴びてタオルを巻いて出てきたので、ベットにタオルとって寝てもらって、

部屋についていたベットに拘束する手錠、足錠で拘束して、

さとし「丸見えだね~もう動けないよ。」

はな「・・・・・・・」

完全に拘束された状態で、電マを弱であそこにあてるとすぐに、

はな「あん、、、あん、、、ああああ、、、、、気持ちぃいい」

はな「ああああああ。。。。。。ダメダメ・・・・・・」

徐々に振動を強くしていくと、

はな「いくいくいくいくいく、、、いくいく」

はな「あああああああああああああああああああああああああああ」

はな「ダメダメ、出ちゃう出ちゃう・・・・・・・・・・・・・・・・・あ・・・・・・・・・・・」

電マ恐るべしで、ほんの10分で完全にイっている状態に、

動けない状態でイキ続けているので、そのまま振動を強くしていくと

はな「ああああああああああああああああああああああああああああああ、で・・・る・・・・」

はな「ダメダメダメダメダメ・・・・・ほんとに・・・・あ・・・・あ・・・」

そのまま続けると、軽い潮吹きでベットをびしょびしょに濡れしながら、

はな「お願い、だめだめ、ほんとにだめ、、、、、」

はな「許して、ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

ずっとイキ続けながら悶絶状態に、

はな「お・・・・ね・・・・・がい・・・だ・・・め・・・・・ああ・・・あ・・・・・」

完全にイキまくって涙をためてお願いしていたので、一旦終了に。

手錠と足錠を外していい子いい子してあげると、涙を少し流して、

はな「イキすぎてびっくりしちゃいました。。。すいません。。。」

はな「意識が飛ぶ寸前でこんなに真っ白になったの初めてです・・・・」

かなりイったようなので、ベットで少し休憩して、お風呂場で続きを^^

お風呂場にマットが置いてあったので、持ってきたローションでぬるぬるにして、マットで交わりながら、69でたっぷり舐め合って、

はな「あん、気持ちいし楽しいですね^^」

舌でクリを吸い込んで舌で転がしてあげると、

はな「気持ちいぃ・・・・はぁぁぁ」

ヌルヌルで交わりながらおっぱいやお尻も揉み揉みしてあげるといつもとは違った気持ちよさがあるようで、

じゅぼじゅぼ音を立てながら奥までフェラもしてくれて、

お互い程よい気持ちよさと楽しさで30分くらい交わって、そのまま少し湯船で彼氏の話や仕事の話をしてまったりしました。

お風呂を出て、ベットでもテレビを見ながらお話をしていながらおっぱいを触ったりしてくれたら、

はな「いつもいっぱい気持ちよくしてくださるから今日はお返しにはながさとしさんを気持ちよくします」

といって、全裸のままフェラをはじめてくれて、

はな「どうですか?」

さとし「気持ちいいよ。ありがとう」

はな「いっぱい出せるように頑張ります」

さとし「うん」

そのまま丁寧に20分くらいフェラをしてくれて、

さとし「上に乗って気持ちよくして?」

はな「はい。わかりました。。。」

コンドームも付けてくれて、上に跨って騎乗位でパンパン腰を振ってくれて、

はな「ああああ、気も・・・ち・・いいですか?・・・」

はな「すいません・・・・・あああ・・・私も・・・気持ちいい・・・・・」

さとし「気持ちいいよ。もっと激しくして」

はな「あああ・・・・は・・・い・・・」

激しく腰を振ってくれるのに合わせて下からも突き上げてあげると、

はな「ダメです・・・私が気持ちいい・・・・」

はな「あああ・・・きもちいいです・・・・」

はな「はぁん・・・・・ダメ・・・・」

はな「さとしさんも・・・・・あああ」

だんだん私も気持ちよくなってきたので、騎乗位から正常位に体位を変えて激しく奥まで突き上げて、ぱんぱんぱん音を立てながら出し入れをすると、

はな「あああああああああ・・・・・・また・・・いく・・・・・・・・すごい・・・・・・最高・・・・・」

はな「すごい・・・・やばいです・・・・・・・あああああ・・・・・」

はな「だ・・・・・・・・・・・・・め・・・・・・で・・・・す・・・・・」

はな「ご・・・め・・ん・・な・・・・さ・・・い・・・いき・・・・ます・・・・・」

布団を思い切り掴みながら絶頂に達してるのが明らかにわかったので、さらに激しくついて、

はな「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

はな「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・」

あそこを痙攣しながらイっていたので、

さとし「俺もイクよ」

はなは声が出ないくらい感じているので頷くだけで、

さとし「どこに出していい?」

イキすぎて声が出ない様子で、

さとし「どこでもいいの?」

はなは頷いているので、

顔に跨って前回同様にお顔に発射。ぶっかけるというのがぴったりな感じで大量出てお顔がドロドロになってしまって。

はなは少し放心状態に。

そのまま数分放心状態でしたが、少し経つと。

はな「すごい量ですね・・・気持ちよかったですか?」

さとし「うん。ありがとね^^」

さとし「おちんちんそのまま綺麗にしてくれる?」

はな「わかりました。」

お顔中ドロドロでお掃除フェラをしてくれて、丁寧に舐めてくれた後に自分もシャワーを浴びて綺麗になってました(笑)

この日はこれで終了^^

ギブアンドテイクでお互いがお互いを気持ちよくしてあげようという体験になったのではなちゃんも私も満足度の高い体験となりました。

お互い素をさらけ出して、満足いく体験ができたので本当に良かったです^^